早く安心できる家を買える!建売住宅の検討時と内覧時のチェックポイントを紹介!

建売は安心して購入するためにいくつかのチェックポイントがあります。中でもドアに関することがチェックすべき点が多いです。まずはドアを開閉してみましょう。もし住むことになったら毎日何回も行う動作です。この動作に違和感があれば何十年もそれを感じながら生きなければなりません。それは不便なので違和感がない住宅を選ぶようにしましょう。鍵を使わせてもらえる場合には鍵の動作も確認しておくと、より一層安心することが出来ます。

早く安心できる家を買える!建売住宅の検討時と内覧時のチェックポイントを紹介!

建売は後から変更を行うのが大変なので、詳しいチェックポイントを意識しておくことが大切です。
まずは外回りとして外壁、屋根、外構などを確認しましょう。
駐車スペースに自動車が入るかも重要となります。
玄関ではドアを開閉することが大切です。
ドアの重さが適切かどうかを調べることにより、建売を購入後に快適な生活ができるかが決まります。
鍵を使用できる場合には、その違和感についても確認しておくことをおすすめします。

建売住宅の水回りはメンテナンス性もチェック

建て売り住宅を手に入れる時、水回りのことを意識しておいた方が良いかもしれません。
建て売り住宅と言うのは、非常に魅力的なものですが、意外と注意が向かないのが水割になります。
この部分っていうのは、最初のうちは特に何ら問題はありませんが、10年も経過すると適度にメンテナンスをしなければならなくなります。
例えばお風呂場は水を流しっぱなしにしているケースがあり、その場合には中で詰まってしまう可能性が否定できません。
石鹸やシャンプー等の塊が排水溝等につき、内側についていくとだんだんとふさがってきます。
血管が油でふさがってくるのと同じような症状になるわけです。
この時には手入れのしやすさがとても重要になりますので建売住宅でそのような状況に陥った場合は、後で後悔することになりかねません。
最初のうちで建売住宅を手に入れる前の段階で、修復し安いかどうかを確認しておきましょう。
細かい部分かもしれませんが、地味に重要な部分の1つです。

建売住宅の床は直接触って質感も確かめよう

建売住宅を購入する際には、様々な部分をチェックする必要がありますが、チェックポイントの一つに床材も挙げられます。

建売住宅の床は、素材によって質感が変わります。
素材ごとにメンテナンスなどの仕方も異なるため、必ず確かめたほうが良い部分と言えます。
床材は無垢フローリングと複合フローリングのに種類に分けられます。

無垢フローロングは、単層で天然木を一枚板木材を加工して使われています。
木の香りや質感などを楽しめるようになっています。
使い込むと味わいが出る経年劣化を楽しむことができますが、冬の乾燥期は収縮する可能性もありきちんとしたメンテナンスが必要です。

対して複合フローリングは複合で、板を貼り合わせているのが特徴です。
合板などがベースとなっていて品質が安定していて扱いやすく、低コストなのが魅力と言えます。
乾燥しても収縮してしまうリスクが少なく、比較的衝撃に強く傷がつきにくいですが、木の肌触りなどが楽しめないのがデメリットです。

建売住宅のドアは配置とスムーズに開け閉めできるか確認

建売住宅を購入する場合は、下見の段階でドアをよく確認しておくことが必要です。
他の部屋の物とぶつかったりしないか、動線が絡んだときに邪魔にならないだろうかなど、ある程度シミュレーションして自分たちのライフスタイルに合った家を購入することが大切となります。

納得できる物件を手に入れるためには、複数回見学に出かけることが重要です。
特に子供が小さいうちならいいですが、中高生になったときに後からトラブルが発生することも珍しくありません。
建売住宅だからこそ、慎重に判断することは必要です。

提供しているメーカーにより注文住宅に近いようなオプションをつけてくるところもありますが、まずベースとなっている部分をよく確認したうえで利用することが重要といえます。
スムーズに開閉できることは基本ですが、さらには一部分をよく確認したうえで、将来の動線に影響を及ぼすかどうかなどを確認してから利用することが良い結果につながります。

建売住宅の階段は事故防止の安全性も重要

建売住宅を利用するにあたり、階段の安全性をよく確認したほうがいいといえます。
傾斜や1段当たりの大きさなどを確認して、足に負担がかからずに上り下りできるかどうかチェックすることは重要です。
特に高齢者の場合は足を上げるのが億劫になることも少なくないことから、できるだけ高齢者の上り下りに楽な階段がある建売住宅を購入することが大切といえます。

上り下りするときに重要といわれている、手すりの存在も欠かすことはできません。
手すりの有無により後から取り付けなければならなくなるからです。
安心して暮らすことができるよう、転倒などをしないための傾斜や大きさだけではなく、手すりの有無まで十分なチェックをすることが重要となります。
家族全員が暮らしやすいような家に住むことが快適な暮らしに欠かせないことは、事実です。
高齢者だけではなく、小さな子供にも危険が高い場所だからこそ、安心して上り下りできるような家を見つけてください。

室内の窓からも建売住宅の周辺環境を確認しよう

建売住宅を購入する前には、必ず窓の外まで確認することが必要です。
外から見える景色により住みやすさが大幅に違うといいます。
例えば隣家が非常に近い場合には、プライバシーの確保が難しくなる可能性が高いです。
また、小学校などの学校が近くにある場合は、学生たちが通学する時間帯は道路が混雑しており、静かな環境を好む人との相性が悪いといえます。
家の近くに工場などがある場合には、騒音だけではなく悪臭がある可能性もありますので、注意が必要です。
幹線道路や駅、バス停が近い場合、通勤時には非常な混雑が予想されるため、自宅から通勤するときに早く出なければ間に合わない可能性があります。
隣が病院である場合、健康管理ができて安全ですが救急病院の場合は急患が救急車でよく来ることも予想されるため、夜間に救急車の音で起こされる危険性も多いです。
建売住宅と一口に言えども、周辺の環境により住み心地は大きく異なります。
必ず窓の外をよく確認して購入してください。

建売住宅であると便利な玄関の収納スペース

収納スペースが狭く感じない住宅で暮らしたいのなら、建売住宅を購入する際には玄関の構造も細部までチェックする必要があります。
大きな棚を置けるだけのスペースがなければ、家族の人数が多いと靴を保管する場所にも困ることになりかねません。
靴だけでなく傘も保管する必要がある場所だからこそ、広々と使える設計になっているか調べることが重要です。
大容量の壁面収納が用意されている建売住宅なら、空間を広く使えて靴なども十分な数を保管できます。
ゴルフなどのスポーツを趣味にしている家族がいる場合は、ゴルフバッグが入るサイズの棚があるか調べてください。
大きなバッグが入るだけの広さがある収納なら、折り畳みタイプのベビーカーも入ります。
これから子どもが生まれて家族が増える予定がある家庭は、子育てで使用するアイテムを収納することも考えて棚の大きさをチェックしてください。
棚の横側にフックが取り付けられている物件は、小物を置く場所にも困らないところがおすすめです。

建売住宅は土地の仕入れから販売までトータルで対応する会社がおすすめ

建売住宅とはハウスメーカーが選択した敷地に、予め定められたプランで建てられ販売されている住宅です。
施主やその家族は契約し入居した後に始まる新生活を、送るにふさわしい利便性や住環境が整っているかも良く考えなければなりません。
また、充分納得のいく敷地であったとしても、外観や間取りというプランもどれほど理想に近いかも検討する必要もあるのです。
この段階でかけるべき時間と労力を惜しんでならないのは、一生の中でも何回も行える訳ではない高額な買い物をするからです。
それほどの苦労をして契約を締結する建売住宅ですから、後に土地にも建物にも何かしらの問題が発生した事態も考慮すべきです。
大切なのはその建物を販売するハウスメーカーが、全ての面に責任を持って対応してくれるかになります。
そのために重要な事は自らが建てる家を建築する敷地が最適であるか、さらにその場所に真に相応しい建物であるかも考えているかです。
その全ての内容を販売していくに足る物件かをトータルで考え、自信を持って契約まで臨んでくれるメーカーこそ勧めできるのです。

施工と販売が別会社の建売住宅を買うリスク

建売を販売している会社の中には施工と販売を担当しているのがそれぞれ異なることも少なくありませんが、そういった場合には少し不安を感じるという方もいるのではないでしょうか。
施工は建てるプロであり、販売は売るプロなので各々が自分の専門分野に専念すること自体はそれほど問題ありません。
しかし、万が一のトラブルの際に責任をどこに追求すれば良いのか分からないといったことも起こりえます。
建売で販売と施工が別会社である場合、トラブルの際の窓口は販売会社にあります。
施工会社側にいきなり連絡をしても意味はありません。
最もややこしいのは購入した後にリフォームなどを依頼する場合です。
そういったことが出来るのは工務店なので、工務店やハウスメーカーへと相談しなければなりません。
この時の連絡先が少しややこしくなってしまいます。
そのため、別会社であることが分かっている時には、リフォームしなくて良いかを入念に確認しておくことをお勧めします。

建売住宅の購入時に受け取る書類一式

建売を購入する際にはいくつもの書類を渡されることになります。
その書類が後々必要になることもあるので、全てそろっているか確認するようにしましょう。
建売の書類一式のうち最も重要なのが建築確認申請書です。
これは建築を行ったことを示す書類となっています。
次に大切なのが設計図書です。
これは設計の際にどのような素材を使用したか、工法は何かといったことが詳細に記されています。
リフォームやリノベーションをする際にも必要になる書類なので必ず保管しておきましょう。
実際の工法と記されている内容に齟齬がある時には専門家に相談することが大切です。
その他にも打ち合わせ記録や地盤調査報告書、地盤改良施工報告書などがあります。
中には設備機器の取り扱い説明書などが含まれることも少なくありません。
昨今の住宅には様々な最新機器が使用されており、その説明書きが書類の中にあります。
IHなどの使い方が分からなくならないように、チェックしておくことをお勧めします。

法律で義務付けられている建売住宅の建物保証

建売はすでに完成している住宅を販売するという性質上、保証が非常に重要となります。
各メーカーは一種のサービスとして保証を付けていることもありますが、基本的には法律に定められている通りの内容になっています。
建売住宅に関する建物保証の法律は、住宅の品質確保の促進等に関する法律と呼ばれます。
これは2000年に制定された比較的新しい法律です。
この法律では、建売の売り手に対して物件の瑕疵担保責任を10年間保証することを義務付けています。
瑕疵担保とは、物件に何らかの不備があった時にその修繕や賠償などを補償することを言います。
これはあくまで瑕疵に対する担保であり、不備が無ければ無償での工事は行われないので気を付けておきましょう。
近年では契約不適合責任とも呼ばれます。
法的に強制力を持つ建物保証はこれだけなので、あとはハウスメーカーや工務店がサービスとして付与しているものだけとなります。
事前に内容をよく確認しておきましょう。

購入時の比較対象にもなる建売住宅の独自保証

建売を購入する際にはその建物自体の魅力も重要ですが、どんな保証があるかにも着目しておく必要があります。
購入してからトラブルが発生する可能性もあるからです。
日本の法律では建売の物件には10年間の瑕疵担保保証を付けることが義務付けられており、各工務店もこの法律に合わせたルールを用意しています。
では、どこの工務店で購入しても同じではないかと考える方もいるかもしれません。
工務店の中には法律上の建付けよりも充実した独自保証を行っているところがあります。
実際に法律ギリギリの保証では足りないこともあるので、そういった独自保証を利用することは有意義と言えるでしょう。
独自の保証を確認する際には期間、内容、例外規定の3つを確認することが大切です。
例外規定とは、何らかの理由で例外と判断されてしまう要素を言います。
基本的には買主の不注意による損傷などを指すことが多いですが、この内容に対する解釈違いはトラブルに繋がりやすいので注意が必要となります。

洪積層に建つ建売住宅は地盤が強く地震の被害を防ぐ

洪積層は、地震に強い地盤です。
最終氷期以前に堆積した洪積層は、地盤が強く激しい揺れが起きにくいです。
それに対して最終氷期以降に堆積した沖積層は、比較的新しく足元は柔らかです。
そのため激しい揺れが起きやすく、これが住宅の災害リスクにもかかわってきます。
建売住宅を買うときにおすすめするのは、当然洪積層の上に建つ住宅です。
地盤が固くしっかりとしているため、大地震が発生しても震度が低くなるため建売住宅に与える影響も抑えられます。
つまり洪積層の上に建っているという点だけで、災害に強い家を手に入れられるわけです。
もちろん地盤が強いからといって、被害をゼロにできるわけではありません。
強い地盤に高性能な耐震性、この2つを組み合わせることで建売住宅の災害リスクは低くできます。
大きな災害は生命や財産を一瞬で奪いかねない危険性を含んでいるため、大切な家族や資産をも守るためにも盾居る住宅を買うときには最も重視したいポイントです。

建売住宅は地震以外の災害リスクもチェック

建売と呼ばれる住宅がありますが、これは建売らしい見た目をしていることが多いです。
個性的なものは非常に少なく、万人が受け入れる者に偏っている傾向があるでしょう。
何故かと言えば、もともと誰がするかわからないのに設計しているからです。
個性的な設計をしてしまうと、その住宅を選ぶ人が少なくなり、結局安い金額提示が得ることができないかもしれません。
しかし、いろいろな人が好むような一般的で来末のないものであれば、比較的高値で売れる可能性が出てきます。
その一方で、災害等も考えておいた方が良いかもしれません。
これと言うのは地震に対する災害と言うのは日本人は非常に敏感で、耐震設計などをしている建売住宅が非常に多いです。
日本で起こる自然の脅威は地震だけではなく水害や台風等もあります。
台風の対策として、飛びにくいスレートやサイディングなどを利用すると同時に、水害であれば水が溜まりにくいように2階建ての部分に玄関を置きキッチンを置くことで充実した生活をすることができるでしょう。
もっとも、定時に住宅を買わないことが第一の条件といえます。

建売住宅の住みやすさを決める収納スペースの場所と面積

建売り住宅の購入にあたっては、収納がとても重要になりますがこの収納はどの程度の量でしょうか。
はっきり言えば、その家の状況によって変わりますので、例えばこれから建て売り住宅を手に入れる人がたくさんのものを所有しているならば、広めのところが良いといえます。
とは言え、そこまで広いところはそれほどありません。
物を置く場所が広いと言う事は、それだけ有効スペースが減ると言うことであり、スペースが減ると住宅の人気がなくなってしまう可能性があります。
それ故、設計する場合にも万人に受けるように設計されており、収納もほどほどのところが多い傾向にあるわけです。
鷲見康雄決めるためには結局、自分たちがどれほどものを所有するのかそして家族の人数がどれくらいかによって決まってくるといっても言い過ぎではありません。
4人家族の場合と6人家族の場合で、物の多さが同じと言う事はあまりないため、家族の人数が多ければ多いほど、そして大人になればさらにものを入れる所が狭くなるため、広めのところが良いかあるいは倉庫等を借りる方法もあります。
このような住みやすさを考えた上で、建売りを選ぶべきです。

建売住宅を購入するなら住宅性能表示制度を理解しよう

住宅性能表示制度とは、住宅の構造耐力をはじめ、省エネルギー性や劣化対策、遮音性やバリアフリー性といった各性能を、法律に基づいて評価および表示する制度を指します。建売住宅を購入する場合にこの住宅性能表示制度を知っておくことで、幾つものメリットが期待できます。まず住宅の性能を比較および検討しやすくなることです。一般的に建売住宅は複数の物件で販売されますが、この制度を活用することで、各物件の構造耐力や省エネルギー性などの性能について、自分のニーズや条件に見合った物件を選びやすくなります。また住宅の品質を客観的かつ公正に評価できるのも、この制度の大きなメリットです。第三者機関による評価に基づいて表示される制度なので、住宅メーカーの宣伝文句や説明に惑わされることなく、住宅の品質を客観的かつ公平に見極めることが可能になります。さらに注目したいのが、住宅品質の向上促進につながることです。この制度では住宅の性能を向上させるための指針になっており、住宅メーカーの品質に対する意識の高まりも期待できます。結果的に、消費者が良質な住宅を購入できる市場環境につながるでしょう。

優れものツーバイフォーの建売はニーズが高く人気

建売はコストパフォーマンスも押しなべて良いですし、根強い人気があります。中でもツーバイフォー住宅は、比較的完成までの期間も短く需要があります。「え、もう完成したの?」と先に住んでいるご近所たちが驚くケースも多いといいますが、どうしてどうして耐震性も抜群なのがこの工法。6面体構造が強固で、外力に強いのです。バランスよく外力を6面で受け止め、地面へと衝撃を分散し放出します。阪神淡路大震災や東日本大震災など地震大国・日本ではこれまでさまざまな大きな自信を経験してきていますが、その都度この工法の建売が優秀さを証明しているのが現状。並外れた確かな実績を、調査達が物語っています。しかも火災にも台風にも強いのです。気密性や断熱性にも優れているので省エネ効果もありますし、結露や湿気回避にもつながるので結果的に状態良く住まいを長持ちさせることが可能。費用も従来の在来工法よりお安くすむ場合が通常ですので、選択肢の一つにしておくことがオススメです。

子供の成長に合わせた建売住宅を購入することのメリット

マイホームを持つ際に建売住宅にするべきかそれとも注文住宅にするかということは多くの方が迷うようです。どちらにも、メリットがありますが出来るだけ予算を抑えつつも快適な住宅に住みたいというのであれば建売住宅がおすすめです。満足のゆく建売を手に入れるためのポイントは、家族の人数やライフスタイに合った家を選ぶことです。もし、お子さんがおられるのであれば子供の成長に合った家を選ぶべきです。プライバシーを確保しつつも、家族とのコミュニケーションをとることが出来る個室があることも大切です。小さいうちはお父さんお母さんと一緒の空間でも構いませんが、ある程度の年齢になるとプライバシーは必要ですし、試験勉強など集中して勉強することも大切ですので個室が確保できるかどうかを確認しましょう。まだ、お子さんが赤ちゃんあるいは小さいのであれば家事をしながらお子さんの様子を見守ることが出来るように、対面リビングがおすすめです。

建売でのユニークな書斎コーナーのデザインについて

建売では注文住宅に負けないのユニークな書斎を設定しています。まずは1人分のスペースで小さな書斎があり、読書やビジネスなど簡単なことができるようになっているのです。窓が特になく狭いスペースで設定されているので、防音性も高く静かな空間を演出しています。次に収納スペースが充実しており、天井や壁際などいろいろな本棚を設定して収納が充実してます。中にはパソコン画面などを壁に埋め込んだようなデザインもあり、とてもシンプルな構造となっているのです。こうしたデザインはリフォームをすることで、付加価値を高めるようなサービスを展開している場合もあるので、相談する余地があります。建売の書斎コーナーでは、セールスポイントとしている場合があるので、間をよく確認しておくことが重要となりますし、リフォームをはじめ追加工事をすることで、オーナーの希望に沿ったようなデザインを再現してもらえる場合があるので、交渉する余地があります。

建売住宅を購入する際は浴室暖房乾燥機が設置されているか確認を

もし毎日働いてある程度の資金が貯まったのなら、思い切って建売住宅の購入を検討すると良いです。特にこれまでずっと賃貸アパートやマンションで暮らしていた人だと、一軒家の快適さは相当楽になるはずです。新築よりも建売の方がコストの節約にもなりますし、是非家族と一緒に好条件の物件を探して購入してみてください。ちなみに建売住宅を購入する際は、浴室暖房乾燥機が設置されているかをしっかりと確認しておきましょう。日当たりが悪いと外で日干しできないかもしれませんし、天気が悪い日が続くとずっと洗濯物を乾かせなくなるからです。部屋干しをするとちゃんと乾いてくれず、服や下着、靴下などから嫌な臭いが発せられるかもしれません。しかし浴室暖房乾燥機があればいつでも洗濯した後に乾燥が可能ですし、嫌な生乾きの臭いも出ないので安心です。もちろん後付で乾燥機を取り付けることも可能ですが、大掛かりな工事が必要なので意外と面倒です。最初から設置してある物件を探して購入すれば、そのような手間暇を省けるはずです。

建売に関する情報サイト
建売住宅購入のススメ!

建売は安心して購入するためにいくつかのチェックポイントがあります。中でもドアに関することがチェックすべき点が多いです。まずはドアを開閉してみましょう。もし住むことになったら毎日何回も行う動作です。この動作に違和感があれば何十年もそれを感じながら生きなければなりません。それは不便なので違和感がない住宅を選ぶようにしましょう。鍵を使わせてもらえる場合には鍵の動作も確認しておくと、より一層安心することが出来ます。

Search

更新情報